ブラバント以外

ブラバント以外でもファン・ゴッホについては大いに関心が持たれています。ブラバント・ファン・ゴッホはアムステルダムのファン・ゴッホ博物館と提携しています。この博物館は、世界のフィンセントの絵画を集めたとしても、この博物館に展示されているほどの数多くのフィンセントの絵画は見つけられないので、ファン・ゴッホのファンにとっては必見の代物です。同様のことはオッテルロの Kröller-Müller (クレーラー・ミューラー)博物館についても言えます。

オランダ以外
フィンセント・ファン・ゴッホは多くの異なる場所で生活し活動しました。彼の生涯は、アルル、サンレミドプロヴァンス、オーヴェール・ジュル・オワーズ、ボリネージェでのプレゼンテーションで強調的に表されています。

ボリネージュ
1878年12月にベルギー南部の貧しい鉱山地方のボリネージュに無資格の説教者として奉仕するために遣わされました。フィンセントは鉱夫たちの中で彼ら同様の貧しい者として生活しました。詳細につきましては、以下を参考にしてください。www.pocketresto.be/cuesmes/poi/huis-van-gogh

アルル
フィンセント・ファン・ゴッホは、1888年2月から1889年の5月までアルルで生活しました。南の陽光の下で激しくて情熱的な活動による生産期間が現れ始めました。この巨匠のキャンバスは1枚もなくても、彼の精神力はどこにもかしこにも現れています。財団フィンセント・ファン・ゴッホ: http://www.fondationvangogh-arles.org/

サン・レ・ミ・デ・プロヴェンス
1889年5月8日からフィンセント・ファン・ゴッホはアシール聖パウロ修道院で暮らしていました。ゴッホはこの修道院に入院し看病されたのですが、現在はこちらは文化ツーリストセンターになっています。ファン・ゴッホはサンレミの陽光の質とその風景の快活な美しさに心奪われていました。詳細につきましては、以下を参考にしてください。
www.avignon-et-provence.com/saint-paul-mausole

オーヴェル-シュル-オワーズ
パリに近いこの村はゴッホのインスピレーションにとっては大きな源となりました。ゴッホはその生涯の最後の2ヶ月をここで過ごしました。オーヴェルジュルオワーズに訪れると、この偉大な画家の世界に浸ることができます。詳細につきましては、以下を参考にしてください:
 http://www.maisondevangogh.fr/

 

自叙伝 »  |  ファン・ゴッホ・ブラバント »  |  連絡先の詳細 »