前ページに戻る前ページに戻る

フィンセント・ファン・ゴッホ情報センター, エッテン-ラア

のウェブサイトをご覧ください http://www.vincentvangoghinetten.nl
町 エッテン-ラア

1881年4月から同12月まで: 画商、教師、牧師として失敗した挙げ句、フィンセント・ファン・ゴッホはエッテンに到着しました。彼はその牧師館で両親と共に生活し制作を続けました。

ファン・ゴッホは自分の最初のモデルをエッテンで見つけ、その風景に触発されました。

ファン・ゴッホの父親が牧師であった改革派の教会の隣には、元聖堂番の家がありました。マーケットの特性と絵のように美しい地所は、今やファン・ゴッホやエッテン-ラアとの彼のつながりについて学ぶのに最適な場所となっています。
フィンセント・ファン・ゴッホ情報センターは、壁のディスプレイとこの巨匠の初期に関する映画で彼を提示しています。ファン・ゴッホがどのようにして晩年の優れた作品のための基礎を築いたのかを見聞きすることができます。

映画とガイド付きツアー
財団からのボランティアはその場の情報を提供してくれます。小グループなら情報センターの中で『エッテンの種を蒔く人、フィンセント・ファン・ゴッホ』を鑑賞することができます。(英語、ドイツ語、フランス語、オランダ語) 大いに推薦します! 大グループ(20人以上)の場合、ご希望があれば、近くの映画館でその映画を鑑賞することができます。

エッテン-ラアのファン・ゴッホの物語を完全にカットすることをご希望の場合は、センターの中をガイド付で歩くことができます!

エッテン-ラアでどのように有意義な日を過ごせるかを知るには、手配ボタンをチェックしてみてください。

ファン・ゴッホは生きている!
毎年フィンセント・ファン・ゴッホ・エッテン-ラア財団は、フィンセント・ファン・ゴッホとエッテン-ラアのつながりに焦点を当てるために大きなイベントを上演しています。ファン・ゴッホは生きています! これは10日間に及ぶアート経路によるアートイベントで、毎年4月(復活祭の頃)に催されます。詳細につきましては、こちら をクリックしてください。

ファン・ゴッホの店
ファン・ゴッホの店はニーウエノベラアにある UITpunt / VVV エッテン-ラアにあります。またサイクリングや散策経路に加えて、様々なファン・ゴッホの記事もご利用いただけます。