前ページに戻る前ページに戻る

ファン・ゴッホの村ヌエネン – フィンセンタ―, ヌエネン

のウェブサイトをご覧ください http://www.vangoghvillagenuenen.nl/english.aspx
町 ヌエネン

1883年12月 – 1885年11月: フィンセント・ファン・ゴッホはヌエネンで暮らし絵画作業に専念しました . 彼の多くの試みはその偉大な処女作『じゃがいもを食べる人々』を誕生させたのです。

フィンセント・ファン・ゴッホの足跡を辿り、彼が生活し制作に勤しんでいた時に彼に影響を与えたヌエネンの美しさを発見してください。フィンセンターを歩いたり、サイクリングして過去のファン・ゴッホの居た場所を訪問し、仕出しアウトレットやショップでブラバントのおもてなしを活用してください。

フィンセンター
フィンセンターは、最も近代的な視聴覚テクノロジーを利用し、二つの特質であるフィンセント・ファン・ゴッホとヌエネンを物語っています。どちらの特質も明らかで愛憎関係へと進展しています。訪問者の皆様でこの物語に惹かれる方が増えているようです。

皆様は話しかける肖像画を通して、フィンセントの知人たちに出会うことができます。その後、ファン・ゴッホがヌエネンに到着するまでに訪れた数多くの場所を旅して彼の過去の足跡を歩むことができます。そうして1893年にフィンセントがヌエネンで暮らしていた頃の生活の様子を体験することができます。ヌエネンでフィンセントが描いた風景や教会の拡大画によって、あちこちに訪れることができます。彼のアトリエにに足を入れて、フィンセントが書いた便りからの抜粋を聴くこともできます。フィンセントにとって大切であった人々の個人的な棚から垣間見ることもできます。最後に、映画劇場で「まだ光である闇」という映画を鑑賞し、『じゃがいもを食べる人々』の作品が活き活きとしてくるのを鑑賞することができます。このようにして、皆様はフィンセントの思考過程を通し、また彼の目を通して物事を見ることができるようになります。

野外博物館
フィンセントとつながりのあるヌエネンやその周辺の21カ所の場所に沿って発見する旅行に出かけてください。経路ブック(フィンセンターで発売)を利用して散策したり、サイクリングしてください。途中で各々の特別な場所をボタンを押せば(英語とオランダ語で)教えてくれる17の情報柱に遭遇することでしょう。その柱は現存する目標物をフィンセントの絵画を通して見るかのようにミルコとができるように設置されています。皆様はかつてフィンセントが絵画の素描をするために立っていたその場所に立つことになります。そのすぐ近くの幾つかの農村の景観は、今でもまだ過ぎ去った時代の雰囲気を醸しています。

ご来館
この野外博物館へは様々な方法でご自分で訪問することも、またガイド付で訪問することもできます。フィンセンターでその方法をお尋ねください !